新浦安ってどんなところ?

医療と文化芸術の融合した新しい「癒し」のランドマーク

新浦安

「学ぶ人」と「教える人」が心地よく、快適に、学問に専念できる環境を、了德寺大学は追求しました。アクセス、開放感、周辺環境にも留意、文化度が高く、洗練され、新しい大学を設置するに相応しい場所。手を伸ばせば届くほどの距離に青い海、燦燦とふりそそぐ陽光につつまれた自然あふれる環境。そこで今、最も注目される憧憬の地「新浦安」を了德寺大学は選びました。

この新しい街のアカデミックエリアを形成し、医療と文化芸術の融合した新しい「癒し」のランドマークが、私たちの大学です。学ぶ人々に、大きな付加価値を提供できる様々な仕掛け、周辺住民の皆様に活用していただける開放型のキャンパスとサービス。最新のテクノロジーを導入した校舎や設備は勿論、周辺地域丸ごとが了德寺大学のキャンパス。現代をカタチにした街並みと、レトロな風情を残した一角。忘れかけていた日本文化芸術を目覚めさせ、新しいそれを作り、表現する。日々の営みのなかに優しさと愛を与える最先端の医療技術。そのいずれもが、このキャンパスから生まれ、新しい時代を斬り拓いていくことを願っています。

了德寺大学周辺は、活気とゆとりが共存した都会のリゾート。

了德寺大学がある新浦安は、東京駅まで16分の活気とゆとりのニュータウンです。最寄りの新浦安駅前には、ショッピングセンターや様々な専門店、ホテル、レストラン、郵便局、銀行、各種スポーツ施設、各種医院やクリニックなどが充実。

シンボルロードを中心とした街のあちらこちらには、緑いっぱいの公園施設が点在。木々や草花にかこまれた遊歩道を歩くと、都会の喧騒など忘れてしまいそうな趣があります。

大学正面の市総合公園は、緑の広場や海を望める丘が整備されています。ふと空いた時間には、ゆったりとベンチで読書をするもよし、仲間同士でランチするもよし、オープンタイプのカフェで講議のおさらいをするもよし…。あなたにピッタリの空間が、そこにあります。
また、ちょっと足を伸ばせば、お台場や幕張などの超人気スポットが目白押し。絶好のロケーションで勉学やスポーツに励んだあとは、「充実したキャンパスライフを満喫したい」という人には、打って付けの大学です。

大学を訪れたら、まず「おさんぽバス」にのってみよう。おさんぽバスは、新浦安をぐるっとまわるコミュニティバスです。運賃はワンコイン「100円(未就学児は無料)」の均一料金です。また運行本数は1日80本あり20分間隔と分かりやすいところも人気のひとつです。