看護学科

キャンパスライフ

看護学科の在学生にインタビュー!学生生活の魅力をいろいろな側面から紹介します。

実習で学んだ“言葉だけじゃないコミュニケーション”の大切さ

健康科学部 看護学科 2年
山口 緋奈子さん
千葉県/私立関東国際高校 卒
クラブ・サークル:ダンス部、バレーボールサークル

今1番力を入れていること

臨床実習で脳神経内科の病院に行き、ほとんど話も体も動かせない患者様を担当しました。表情やしぐさから気持ちを理解しようと必死でした。最終日、挨拶に行くと、一生懸命体を動かして私の方を向いていただきました!患者様の「ありがとう」が伝わってきて、言葉だけじゃないコミュニケーションの大切さを学びました。

了德寺大学を選んだ理由

実は、養護教諭になりたいという夢もあります!看護師としての知識と技術を、いつか子供たちのケアに活かしたい。看護師と養護教諭の両方の資格を同時に目指せるところが、了德寺大学を選んだ最大の決め手です。

幼稚園からの夢を叶えたい!

健康科学部 看護学科 2年
藤井 由貴さん
千葉県/県立千葉女子高校 卒
クラブ・サークル:なし

夢をもったきっかけ

ナース服に憧れを抱いた幼稚園生の頃から、看護師になりたいと思い始めました。命と関わる責任のある仕事ですが、それと同じくらい誰かの役に立ち日々成長できるところが魅力の1つです。憧れの看護師になれるように頑張ります!

了德寺大学を選んだ理由

太陽の光が差し込む明るい雰囲気がとても気に入りました。また、併設されている理学療法学科、整復医療・トレーナー学科も同じ医療を志す人の集まりのため、良い刺激を受けながら学校生活を送っていけると思ったからです。特に本学は芸術の授業があります。感性を養い、豊かな人間性を育み、看護師として大切な心を身につけることができるのは、本学の特徴です。