看護学科

学科概要

看護学科の理念

看護学科

本学科においては、本学が掲げる「医療と芸術の融合」を基本理念とし、日本固有の美や和の精神をもとに豊かな人間性と高い倫理観を備え、看護のアートとしての創造性や豊かな感性を養う。 看護の専門的な知識(サイエンス)・技術(アート)・態度(ハート)を身につけ、看護学の発展および保健医療福祉に貢献できる人材を育成する。

人材の育成

【アート】創造性や感性の豊かな人材の育成

芸術は、自己の考えているものに対する見方や、主張・思想をその人らしい独自の形で表現することである。芸術を学ぶことは、ひとつには豊かな人間性を涵養すると共に、看護に照合すれば、看護がそれぞれの患者にあった援助を創り、実現する精神に通じることである。さらに対象者や学生自身の生活の質を高めることにもつながる。 芸術による自己表現や豊かな感性・創造性を看護教育に取り入れることで、学生ひとりひとりの能力を最大限に引き出し、高い倫理観を備え、人権を尊重する立場に立ち、人間関係の相互作用によって対象のWell-Bingのみならず自己の生活の質をも高めてゆける人材を育成する。

【人間性】人間の自立性を尊重する人材の育成

看護の対象者の価値観、習慣、生き甲斐、人生観、社会的な活動状況、病気の受け止め方、医療従事者に対する信頼感など尊重する人材を育成する。

【実践能力】専門性と総合的な視野をもち、根拠に基づいた看護を実践できる人材の育成

高度な専門的技術・知識を修得することによって、看護の現象を総合的にアセスメントし、適切に判断できる能力、問題発見能力・解決能力、批判的思考力の基礎的能力を養う。ア-トの精神を生かし、ひとりひとりの個別性に合った看護が実践できる。またチーム医療の一員としてメンバーシップ、リーダーシップを発揮できる指導者を育成する。

【国際性】グローバルスタンダードに対応できる国際性を備えた人材の育成

保健医療や福祉の分野においてもグローバルスタンダードは進展しており、保健医療福祉における人材交流や共同研究などのグローバル化は必須の状況にある。 そのため、異文化を理解し適切なコミュニケーションができる能力や、自己の主張を論理的に表現できるアサーション力、語学力の向上を目指し、日本人として日本固有の美や和の精神を継承したアイデンティティやナショナルスピリットを育むことによって、グローバルな国際感覚を持ち、国際的に通用する人材を育成する。

【地域性・連携】地域社会に貢献できる人材の育成

人口の高齢化や疾病予防、ノーマライゼーションの普及により地域における保健医療・福祉の重要性が高まっている現在、在宅ケアや地域の保健福祉計画および他職種との地域連携の推進などにおける看護の役割は増加している。地域社会の個人・家族・地域の人々に対する看護ケアにおいて、指導的役割を担うと共に、地域におけるヘルスプロモーション体制を構築し、人々の健康増進に寄与できる人材を育成する。

看護学科の目指す教育目標

教育目的

豊かな人間性を培い、特に芸術を通して感性を育むとともに、看護の専門知識・技術、専門職としての誇りを身につけ、将来指導的立場に立って看護職の役割と責務を果たし、変化する地域社会・医療・福祉に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  1. 看護の専門領域の基本的な知識と技能を修得している。
  2. 感性豊かな人間性と倫理観を備え、人間の尊厳を重視する。
  3. 人間関係を形成し、他専門職の人々と連携するためのコミュニケーション能力を身につけている。
  4. 獲得した知識・技能・態度を統合して、問題解決にあたることができる。
  5. あらゆる対象のニーズに応じた看護を理解している。
  6. 科学的思考に基づく看護が実践できる。
  7. 看護の役割と責任を自覚しつつ、他専門職の人々と協働することができる。
  8. 保健・医療・福祉のニーズに基づいて、地域に貢献できる。
  9. 研究的態度を身につけ、生涯にわたる自己啓発能力を有している。

本学科では、看護師国家試験受験資格の他に科目の選択によっては、保健師の国家試験受験資格・養護教諭一種免許状も取得できるよう教育課程を編成しています。