理学療法学科

学科概要

教育課程の特徴

運動療法の基礎と理論・原理、関節・筋・神経機能異常に対する運動療法について学ぶ「基礎運動療法学」、物理療法の物理的・生理的作用、基本手技や実施法について学ぶ「物理療法学」、義肢装具や各種補装具の種類と機能を理解し、障害に応じた機能代償の原理・工学・処方と適合判定、治療について学ぶ「義肢装具学」、整形外科疾患の骨関節・筋障害における基本的臨床症状を学び、その運動療法の基礎を理解する「整形外科理学療法学」、脳血管障害・脳挫傷・パーキンソン病・失調症・各種神経疾患の原因を理解し、その障害と治療について学ぶ「内部疾患障害理学療法学」、などで科目編成されています。

1年次から2年次にかけて

1.「人体の構造と機能及び心身の発達」を理解する領域

人間の形態や機能等を学び、人間を理解するための基本的知識を修得。

2.「疾病障害とリハビリテーション」を理解する領域

人の健康・疾病・障害についての基礎的概念の理解の上に、病を持つ人や障害のある人を援助するために、保健医療職として必要な知識を修得。

3.「健康と社会」を理解する領域

保健医療職のリーダーとして必要な管理的・調整的能力や総合的な判断力を育成するための基礎的知識を修得。

2年次から3年次にかけて

理学療法の基礎知識・技術・応用力を体系的に学びます。医療施設のみならず地域リハビリテーションの分野での実践力を重視し、保健医療福祉分野の各専門職者と連携・協働できる、また、従来の治療医学のみならず虚弱高齢者に対する体力増強、中高齢者に対する生活習慣病対策、スポーツ障害などの予防医学に展開できる教育課程を編成します。

4年次

臨床実習
臨床現場で実際に理学療法評価・統合解釈・治療を行う科目群として設けます。学内で学んだ知識と技術を基盤に臨床実習指導者の指導監督下で、理学療法評価の選択実施、統合、問題点抽出、治療計画の立案と実施・変更についての理論と技術を学びます。
卒業課題研究
専門領域または保健・医療・福祉の共通部分において、4年間学習した諸課題の中から自らの関心に基づき主体的にテーマを設定し、様々な研究手法を用いて、それらをまとめた研究論文(卒業論文集)を作成します。