理学療法学科

実習室・設備紹介

理学療法評価実習室
理学療法評価実習室
理学療法に必要な検査・測定技術を習得することを目的とした実習室です。関節可動域検査、徒手筋力検査、反射・筋トーヌス検査等を行うためのベッドと器具が設置されています。
動作解析・運動学実習室
動作解析・運動学実習室
身体重心の変化や関節運動など身体運動のメカニズムについて、様々な測定機器を用いて定量的に解析することを目的とした実習室です。身体重心の変化や力の向き、大きさなど、目では見えない現象を測定することは、動作分析を行う上で重要な情報となります。
呼吸・循環器系生理学実習室
呼吸・循環器系生理学実習室
運動負荷に伴う身体の反応(呼吸循環応答)について、様々な測定機器を用いて定量的に分析することを目的とした実習室です。呼吸循環応答を測定することは、運動療法の適応と効果を判定する重要な情報となります。
水治療法実習室
水治療法実習室
物理療法のうち特に水(温水)を用いた治療を「水治療法」と呼び、この実習室では、水が生体に与える影響を実習や実験を通じて学びます。
物理療法実習室・義肢装具実習室
物理療法実習室・義肢装具実習室
物理療法は、痛みの緩和、血液の循環を改善、リラクセーションを目的に、物理エネルギー(熱・水・光・電気・徒手など)を利用する療法です。物理的刺激が生体に与える影響を実習・実験を通じて学びます。義肢・装具を作成し、適応するように調整しながら義肢装具の構造から適用まで一連の過程を学びます。
日常生活動作実習室
日常生活動作実習室
日常生活動作とは、食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴などの生活を営む上で不可欠な基本的動作を指します。この実習室では、様々な身体障害を疑似体験しながら、日常生活動作障害に対する評価並びにセルフケア、起居移動動作などの技術を実習します。
運動治療実習室
運動治療実習室
この実習室では、運動療法や理学療法の治療技術に関する実習を学びます。実習用のベッドのほか理学療法機器を豊富に揃えて、卒業後直ちに即戦力となる技術習得を図ります。
基礎医学実習室
基礎医学実習室
骨標本をはじめ、さまざまな人体模型を常置しており、骨標本の観察や生体観察の実習を行います。学生は各種模型を随時見ることができます。
解剖組織実習室
解剖組織実習室
解剖学や生理学の実習を行う教室です。骨格標本や顕微鏡等を使用し、理学療法を学ぶ上で基礎となる生体の構造とメカニズムについて実習・実験を通じて学習します。
中枢神経機能解析実習室
中枢神経機能解析実習室
中枢神経(脳や脊髄)は全ての器官をつかさどる大切な器官です。この実習室では、生理学実習等の授業で、中枢神経系のメカニズムを実習・実験を通じて学びます。
環境適応機能解析実習室
環境適応機能解析実習室
障害者の社会復帰を図る上で、障害者が再び環境に適応することが必要不可欠です。この実習室では生理学実習などの授業で、環境適応における生体メカニズムを実習・実験を通じて学びます。

臨床教育実習施設

臨床教育実習は、学生が医療機関等の施設に赴き、数週間にわたり現場の理学療法士の指導を受けながら、実際に患者様に対して理学療法を行う大切な授業です。本学では、1年次から4年次において見学実習や臨床体験実習の他、臨床教育実習として、評価実習を3週間、治療実習として病院で10週間、地域施設で5週間行います。臨床教育実習は、学生・実習指導者・教員の相互関係や連携を密にするため、関東圏内の施設で行います。