整復医療・トレーナー学科

学科概要

教育課程 整復医療・トレーナー教育課程の基本的枠組み

1年次から2年次にかけて

1.「人体の構造と機能及び心身の発達」を理解する領域

人体の構造や機能等を学び、人間の本質を理解するための基本的知識を修得する。

2.「疾病構造と障害」を理解する領域

人の健康・疾病・障害などについての基礎的概念の理解の上に、病を持つ人や障害のある人を援助するために、保健医療職として必要な知識を修得する。

3.「医療と社会」を理解する領域

保健医療職として必要な医療倫理をベースとした管理能力を含む総合的な判断力を育成するための基礎的医療知識を修得する。

2年次から3年次にかけて

  1. 整復医療・トレーナーの基礎・臨床医学として病理学、内科学、外科学、整形外科学、リハビリテーション医学、スポーツ医学総論などを学び、疾病・障害についてその成り立ちや基本的概念、回復過程及び予防に関する基礎的知識を修得する。
  2. 柔道整復術の基礎的知識・技術と臨床に沿った実践的テクニックを学ぶとともに、スポーツトレーナー分野など幅広く展開し、スポーツ選手やチームのサポート体制など多様化する社会のニーズ対応できる知識を修得する。

4年次

  1. 柔道整復術の基礎的理論・実技をベースに協力研究施設等で整復技術を実践すると共に、学外のスポーツ現場でトレーナーの技術を実践する実習を行う。
  2. 「卒業研究」専門領域または保健・医療・福祉の共通部分において、4年間学習した諸課題の中からテーマを設定し、卒業研究論文を作成する。