先頭へ

  • ログインについて

1.ログイン画面の表示

以下のURLよりアクセスしてください。

http://www.ryotokuji-u.ac.jp/practicerecords/web


<ログイン画面>


2.ユーザーID・パスワードを入力



3.ログインボタンをクリック



4.メニュー画面が表示されます

ログインが正常に終了すると、メニュー画面が表示されます。


<メニュー画面>


先頭へ

  • パスワードの変更について

1.パスワード変更画面の表示

ログイン後に表示されるメニュー画面より、「パスワード変更」を選択します。


<メニュー画面>


2.パスワード変更画面が表示されます

<パスワード変更画面>


3.変更するパスワードと確認用にもう一度パスワードを入力します

<パスワード変更画面>


4.更新ボタンをクリックします

<パスワード変更画面>


5.確認画面が表示されるので「OK」をクリックします

<確認画面>


6.画面上部に「パスワードを変更しました」と表示されれば成功です

<パスワード変更画面>


先頭へ

  • AT実習記録データの新規登録

1.実習記録一覧画面の表示

ログイン終了後に表示されるメニュー画面より、「AT実習記録」を選択します。



<メニュー画面>


2.実習記録一覧画面が表示されます

<実習記録一覧画面>


3.新規登録ボタンをクリックします

<実習記録一覧画面>


4.何も入力されていない状態の実習記録画面が表示されます

<実習記録画面>


5.「日付」「開始時刻」「受入先」「行事」「場所」「対象」「内容」「責任者」の全ての項目を入力します

<実習記録画面(入力後)>



6.画面下の「この内容を記録する」ボタンをクリックします

<実習記録画面(入力後)>



7.確認画面が表示されるので「OK」をクリックします

<確認画面>


8.画面上部に「登録しました」と表示されれば成功です

<実習記録画面(登録後)>


先頭へ

  • AT実習記録データの新規登録

1.実習記録一覧画面の表示

ログイン終了後に表示されるメニュー画面より、「AT実習記録」を選択します。

<メニュー画面>


2.実習記録一覧画面が表示されます

<実習記録一覧画面>


3.確認したい実習回数の範囲にある緑の見出しをクリックします

<実習記録一覧画面(データ展開前)>


4.見出しに記載されている実習回数範囲内のデータがリストで展開されます

<実習記録一覧画面(データ展開後)>


5.確認したい実習記録のリストをクリックします

リストの見出しは左から「実習回数」「日付」「開始時刻」「受入先」となっています。

<実習記録一覧画面(データ展開後)>


6.各項目のデータが入った状態で実習記録画面が表示されます

既に登録したデータの詳細を確認するにはこのように実習記録画面で確認します。


<実習記録画面>


このままデータの修正・削除を行うこともできます。


先頭へ

  • AT実習記録データの修正

1.実習記録一覧画面の表示

ログイン終了後に表示されるメニュー画面より、「AT実習記録」を選択します。

<メニュー画面>


2.実習記録一覧画面が表示されます

<実習記録一覧画面>


3.修正したい実習回数の範囲にある緑の見出しをクリックします

<実習記録一覧画面(データ展開前)>


4.見出しに記載されている実習回数範囲内のデータがリストで展開されます

<実習記録一覧画面(データ展開後)>


5.修正したい実習記録のリストをクリックします

リストの見出しは左から「実習回数」「日付」「開始時刻」「受入先」となっています。

<実習記録一覧画面(データ展開後)>


6.各項目のデータが入った状態で実習記録画面が表示されます

<実習記録画面>


【補足】
ここで開いた内容の修正ではなく、やはり新規で登録したいという場合は画面上部の「この内容ではなく新規登録」ボタンをクリックしてください。



7.内容の修正が終わったら画面下の「このデータを」のスイッチが「更新」になっていることを確認して、「この内容で記録する」ボタンをクリックします


「このデータを」が「削除」になっている場合はスイッチをクリックして表示を「更新」に戻します。

<実習記録画面(更新前)>


8.確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

<確認画面>


9.画面上部に「更新しました」と表示されれば成功です

<実習記録画面(更新後)>


先頭へ

  • AT実習記録データの削除

1.実習記録一覧画面の表示

ログイン終了後に表示されるメニュー画面より、「AT実習記録」を選択します。

<メニュー画面>



2.実習記録一覧画面が表示されます

<実習記録一覧画面>


3.削除したい実習回数の範囲にある緑の見出しをクリックします

<実習記録一覧画面(データ展開前)>


4.見出しに記載されている実習回数範囲内のデータがリストで展開されます

<実習記録一覧画面(データ展開後)>


5.削除したい実習記録のリストをクリックします

リストの見出しは左から「実習回数」「日付」「開始時刻」「受入先」となっています。

<実習記録一覧画面(データ展開後)>


6.各項目のデータが入った状態で実習記録画面が表示されます

<実習記録画面>


【補足】
ここで開いた内容の削除ではなく、やはり新規で登録したいという場合は画面上部の「この内容ではなく新規登録」ボタンをクリックしてください。



7.画面下の「このデータを」のスイッチをクリックして「更新」から「削除」に変え、「この内容で記録する」ボタンをクリックします



<実習記録画面(削除前)>


8.確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

<確認画面>


9.画面上部に「削除しました」と表示されれば成功です

<実習記録画面(削除後)>


先頭へ

  • ログアウトについて

1.メニュー画面の表示

メニュー画面には、他の画面の右上にある「HOME」ボタンをクリックして戻ります。


<メニュー画面>

2.ログアウトボタンをクリックします


<メニュー画面>

3.確認画面が表示されるので「OK」をクリックします


<確認画面>

4.ログイン画面に切り替わり、画面上部に「ログアウトしました」と表示されれば成功です


<ログイン画面>

先頭へ

  • ファイル出力について

ファイル出力機能は個人での保存用としてご利用ください。

1.メニュー画面の表示

ログイン後に表示されるメニュー画面より、「ファイル出力」を選択します。


<メニュー画面>


2.出力したいファイル形式のボタンをクリックします


<ファイル出力画面>

【補足】それぞれのファイル形式について
・Excelファイル
→Microsoft Excel形式のファイルです。閲覧するにはExcelに対応したソフトが必要となります。

・CSVファイル
→CSV(comma-separated values)ファイルとは、個々のデータをカンマで区切ったテキストデータです。Excelがインストールされていなくてもテキストファイルが開ける環境であれば開くことができます。また、Excelがあれば表形式で参照することもできます。

・HTMLファイル
→HTML(HyperText Markup Language)ファイルとは、ウェブブラウザで読み込み可能なマークアップ言語で書かれた文書です。ウェブブラウザさえあれば閲覧可能です。


3.確認画面が表示されるので「OK」をクリックします


<確認画面>

※上記は「Excel形式」ボタンクリック時の確認画面です。

4.ご利用のブラウザの指示に従って「開く」または「保存」を選択します。


先頭へ

  • AT実習記録データ参照について

1.メニュー画面の表示

ログイン後に表示されるメニュー画面より、「AT実習記録参照」を選択します。


<メニュー画面>


2.「表示する」ボタンをクリックします


<AT実習記録参照画面>


「実習記録一覧」に実習数の合計が表示されます。



3.実習数合計をクリックします



実習数合計の内訳として各年度ごとの実習数の合計が表示されます。



4.各年度ごとの合計をクリックします



クリックした年度に登録した実習記録の内容が、各回ごとに表示されます。



表を左右ににスクロールさせて各回の内容を確認してください。