教員紹介

林 泰京はやし たいけい/Hayashi Taikei

1.学内での役割

現職
医学教育センター 客員教授

2.研究分野

(1).研究内容

  • 骨、関節および靭帯の構造、メカニカルストレスに関する研究

(2).所属学会

  • 日本柔道整復接骨医学会、日本体力医学会

(3).主な研究業績・著書など

学術論文
  • 金泰京 「ラット膝蓋靭帯の構造に及ぼす加重増加の影響に関する研究」了德寺大学 研究紀要、2010
学会発表
  • 1) 金泰京「小児脛骨骨幹部骨折でのギプス矯正法」日本柔道整復接骨医学会大会、2003
  • 2) 金泰京「高位橈骨神経麻痺装具固定の一考察」日本柔道整復接骨医学会大会シンポジウム、2004
  • 3) 金泰京「足関節脱臼骨折のメカニズムと治験的考察」日本柔道整復接骨医学会大会シンポジウム、2006
  • 4) 金泰京「小児尺骨々幹部骨折の一症例」日本柔道整復接骨医学会大会、2007
  • 5) 金泰京、大迫正文、鈴木哲郎、東城希未 「ラット脛骨粗面の構造に及ぼす過度の反復跳躍運動の影響」 日本体力医学会大会、2008
  • 6) 大迫正文、鈴木哲郎、金泰京、東城希未「短期間不動後の加重増加が骨構造に及ぼす影響」日本体力医学会、2008
  • 7) 金泰京「ジャンピングトレーニングによる幼年期ラット近位脛骨々端部の骨成長変化についての一考察」日本柔道整復接骨医学会大会、2008
  • 8) 金泰京「幼年期ラット膝関節成長変化について」日本柔道整復接骨医学会大会、2009
  • 9) 金泰京「過負荷訓練により変化した幼年期ラット膝関節骨端成長軟骨板についての一考察」日本柔道整復接骨医学会大会、2010
  • 10) 金泰京、岡田尚之 「オスグッドシュラッテル病の摘出骨片に於けるー考察」日本柔道整復接骨医学会大会、2011
社会に於ける活動
  • 平成12年 墨田区柔道連盟常務理事(~平成26年度まで)
  • 平成13年 社団法人全国柔道整復学校協会教科書委員会委員(~平成26年度まで)
  • 平成21年 江戸川区立中学校教育研究会研修会講師
  • 平成22年 千葉県高校体育連盟柔道専門部安全講習会講師
  • 平成22年 江戸川区立中学校教育研究会研修会講師
  • 平成24年 千葉県柔道連盟医科学委員(~現在に至る)
  • 平成26年 茨城県高等学校体育連盟主催大会救護役員(~現在に至る)
  • 平成26年 全国高等学校体育連盟主催大会競技役員