教員紹介

木原 和彦きはら かずひこ/Kihara Kazuhiko

1.学内での役割

現職
医学教育センター 非常勤講師

2.研究分野

(1).研究内容

  • 1) 運動器(筋肉系)、遅発性筋痛に対する東洋医学の臨床的効果に関する研究
  • 2) 慢性疼痛に対する東洋医学の臨床的効果に関する研究

(2).所属学会・団体

  • 全日本鍼灸学会、日本体育学会、現代鍼灸学会

(3).主な研究業績・著書など

  • 1) Reaction of circulatory function by cruris needle stimulus.Comparison between San-inn-kou-ketsu and In-ryou-senketsu. 東洋療法学校協会学会誌号:17 頁:64-71.1993.10
  • 2) Evaluations of the magnitude of pain sensations induced by moxibution heat stimuli and measurements of mechanical sensitivity in the area following burns by the moxibution stimuli.全日本鍼灸学会雑誌 45(1), 57, 1995.03
  • 3) スポーツ競技現場における鍼灸手技療:Acupuncture and moxibustion therapeutic technique in the sports game field. 全日本鍼灸学会雑誌巻:46 号:3 頁:55.1996.09
  • 4) Experimental design in clinical research. Introduction of single case design. ( I ).東洋療法学校協会学会誌号:21 頁:42-47.1997.10 5)Heat response properties of A-fiber mechano-heat nociceptors in human skin nerves and their marked sensitization to heat stimuli.日本疼痛学会誌 12(3), 70, 1997.12
  • 5) 心神と肉体の関係についての考察.東洋療法学校協会学会誌号:24 頁:122-126.2001.05
  • 6) 鍼灸臨床における医療面接(分担)医道の日本2002.7
  • 7) 慢性疼痛に対する鍼灸治療の役割とその現状~神経因性疼痛に対する鍼灸治療の現状と可能性~.慢性疼痛学会誌.巻:26 号:1 頁:68-70,74 .2007.11
  • 8) 神経因性疼痛に対する鍼灸治療の現状と可能性.日本慢性疼痛学会誌巻:36th 頁:43.20070219
  • 9) 鍼灸研究テクニカル講座(入門編)疼痛閾値測定を応用した鍼灸研究技法.全日本鍼灸学会雑誌.巻:58 号:3 頁:356.2008.4
  • 10) The effect of the electrification acupuncture irritation to the manifestation of the delayed onset muscle soreness (DOMS) produced in the extensible muscular contraction postexercise of a crus .日本体育学会大会 (59), 127, 2008.9
  • 11) 自己評価による達成度が示した卒前臨床実習の効果.全日本鍼灸学会雑誌. 巻:59 号:3 頁:341.2009.5
  • 12) 光線照射療法(直線偏光近赤外線)の熱痛覚閾値に与える影響.日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集.巻:39th 頁:86.2010
  • 13) 直線偏光近赤外線照射の熱痛覚閾値に与える影響.日本レーザー治療学会誌.巻:8 号:2 頁:102-105.2010.12