教員紹介

中村 浩なかむら ひろし/Nakamura Hiroshi

1.学内での役割

現職
理学療法学科 教授

2.研究分野

(1).研究内容

  • 1) 足部アーチの動的機能に関する研究(歩行時の内側縦アーチの動的機能)
  • 2) 下肢アライメントが姿勢、歩行に及ぼす影響(足部形態、体幹動揺の評価)
  • 3) 地域高齢者の健康増進および介護予防を目的とした理学療法の介入

(2).所属学会・団体

  • 理学療法士協会、靴医学学会、理学療法科学学会

(3).主な研究業績・著書など

論文
  • 1) Relationship between the medial longitudinal arch movement and the pattern of rearfoot motion during stance phase of walking. J.Phys.Ther.Sci.15: 2002年11月
  • 2) 「エビデンスにつなげるための臨床場面で身近に使える測定法16―足圧・座圧・体圧の測定法」 (共著) メディカルプレス『理学療法』 第30巻8号:922-931 2013年8月
  • 3) 「小型センシングデバイスを用いた動作分析手法の開発―モーションセンサによる歩行時体幹動揺の評価―」 (共著) 『了德寺大学研究紀要』第10号:191-196 2016年3月