了德寺大学ウェルネストレーニングセンター

了德寺大学 ウェルネストレーニングセンター

研究所案内

了德寺大学がある浦安市は、2004年に「すべての市民が健やかでこころ豊かに暮らせるまちの実現を図る」ことを推進する目的で「健康うらやす21」を策定し、2009年より発足された先進予防型社会のモデルである「スマート・ウェルネス・シティ」構築のための組織「スマート・ウェルネス・シティ首長研究会」に参加、2010年に「生涯スポーツ健康都市宣言」を行っています。その中で、浦安市は市民の体力維持増進・健康寿命の延伸を健康課題とし、特に“病気を未然に防ぐ(一次予防)”を重視して、その為に体力トレーニングやスポーツといった運動によるアプローチが有効としています。

また、2020年には東京オリンピックを控え、スポーツやそれを支える体力トレーニングに対する価値・関心は非常に高まり、「健康・運動」に対する国民の関心は大きく向上しているといえるでしょう。

本学の特色はコメディカル(看護師、理学療法士、柔道整復師)の立場から、疾病や障がいを負った者を広く対象として健康の維持増進にアプローチできるものであり、維持増進には、基礎的な体力を高める事(体力トレーニング)が非常に重要であると考えています。

そこで、我々は本学において研究された健康・体力トレーニング理論を地域社会における恒久的な無形財産とするために、2014年5月より「了德寺大学ウェルネストレーニングセンター」を設立し、健康(ウェルネス)に対する地域貢献の拠点として、教育、研究を行っています。

主な活動

了德寺大学ウェルネストレーニングセンターは、我が大学の基本的理念である「了德寺大学は日本固有の美や和の精神を継承し、この国と国民が、新たな価値を生み出すために、未来を拓く若人に、美しい環境と、真摯に学ぶ場を提供する。

いつも自立の心と連帯を重んじ、いかなる時も希望を持ち、友愛を深める人を目指す。

そして地域、国、やがて世界へ貢献することを誓い、開学する。

校章の四葉は、「自立、連帯、希望、友愛」をあらわし、周囲をめぐる帯には、和の心をこめる。

医療と芸術の融合による新たな社会創造に向かい、我々の熱き思いを継ぐ人々の、恒久の学府足らんこと希求する」の理念に従って教育、研究活動を行っております。主な活動としては以下のものがあります。

基本理念

  • 卒業生を対象としたスキルアップ講習会の開催
  • アスリートに対するトレーニング指導
  • 高齢者を対象とした健康教室の開催
  • 子ども運動教室の開催
  • 各研究テーマに基づく共同研究及び個人研究
  • その他

研究員紹介

  • 野田哲由(整復医療・トレーナー学科 教授)
  • 橋本俊彦(医学教育センター 教授)
  • 越田専太郎(整復医療・トレーナー学科 准教授)
  • 松本揚(整復医療・トレーナー学科 講師)
  • 石井孝法(教養部 准教授)
  • 岡村知明(整復医療・トレーナー学科 助教)
  • 高橋巧(整復医療・トレーナー学科 助手)
  • 山際まどか(整復医療・トレーナー学科 助教)
  • 田辺達磨(整復医療・トレーナー学科 助手)